品川区民吹奏楽団

楽団紹介

品川区民吹奏楽団 とは?

2007年(平成19年)8月、東京23区で唯一(?)区民による吹奏楽団がない品川区内に有志約10名が集まって吹奏楽による音楽活動を開始し、 2008年(平成20年)春、正式に「品川区民吹奏楽団」 として発足した、まだ新しい吹奏楽団です。

品川区唯一の区民吹奏楽団として、品川区に在住、または在学・在勤している人達を中心に構成されています。 設立時より、品川区の「社会教育関係登録団体」に登録し、 地域に密着したイベント参加などを中心に活動しています。

活動内容

練習は週一回(土or日)。色々なイベントに向けて練習に励んでいます。
品川区内で行われている行事をはじめ、商店街のイベントなどにもアンサンブルで多数出演しています。
2009年5月には、単独公演となる「第一回定期演奏会」を開催しました。

吹奏楽コンクールへの参加予定は、今の所ありません。

どんな楽団?

幅広い年齢層の吹奏楽好きメンバーが、毎週練習に集まります。
演奏技術の優劣よりも、イベント活動への参加や音楽への情熱を重視し、 品川で吹奏楽を出来ることを心から楽しむようにしています。

イマジネーションとアドベンチャーの打楽器奏者、
マリリンモンローの熱狂的ファン、などなど・・・
個性溢れる様々な職業の人が集い、それぞれの特技を発揮しながら楽しく活動しています。

2時間の練習に対してその後の宴会が4時間に及ぶことも・・・
ごくたまに"酔騒楽団"と化すことも・・・

楽団詳細

概要

  • 練習:週末(土,日,祝)を使い、月に3~5回
  • 費用:入団費 3,000円 団費 3,000円/月 ※自主公演費用等は別途
  • 対象:音楽を愛する20歳以上の方(上は制限無し)
  • 内容:ロングトーン、スケール、ハーモニー等の基礎練習、合奏練習(吹奏楽)、アンサンブル練習
  • 指導:田中慶教
  • 活動:地域イベントへの出演が主/年1回の自主公演
  • 所属:品川区社会教育関係団体

沿革

  • 平成19年
      8月28日  発起人の呼びかけにより10名が集まる
      9月30日  品川社会教育関係団体登録
      9月~11月 きゅりあんなどで練習を重ねる
     12月 2日  「しながわ文化フェスティバル」にて初演奏

  • 平成20年
      1月26日  千葉県 岩井海岸にて「設立検討合宿」を行う
      3月22日  「設立発起式」「設立総会」を中小企業センターにて開催
              ⇒楽団の正式名称『品川区民吹奏楽団』が決まる
              ⇒楽団の【規約】【組織】【活動方針】を定める
      4月 1日  活動開始

  • 平成21年
      5月 4日  第1回定期演奏会 開催
      その他    戸越銀座まつり、しながわ宿場まつり、
             うしろじ祭り、しながわ文化フェスティバルなどに出演

  • 平成22年
      5月 3日  第2回定期演奏会 開催
      その他    しながわECOフェスティバル2010、
             区民芸術祭/心あったかコンサート、うしろじ祭り、
             しながわ大商業祭り2010などに出演

  • 平成23年
      5月1日   第3回定期演奏会 開催
      その他    五反田文化センターニューイヤーコンサート
             しながわECOフェスティバル2011
             五反田文化センター「第1回サマーコンサート」
             しながわ宿場まつり、
             五反田文化センター第一回ふれあい文化祭
             品川区民芸術祭2011「心あったかコンサート」などに出演

活動方針

  • 音楽活動を通じての”地域振興に貢献する吹奏楽団”
  • 年齢制限20歳以上”大人の為の吹奏楽団”(上限制限なし)
  • 吹奏楽のフル編成だけではなくアンサンブルの活動も行う
  • 楽団全員が、楽団運営に携わります
  • 目指すは・・・"世界一楽しい大人の為の吹奏楽団"

ロゴの由来

品吹ロゴ
  • 品川」と「吹奏楽」の文字を重ねることで、品川区と音楽の一体化を重視
  • 上下には五線譜
  • 色は品川の水辺をイメージしたマリンブルーとした
このページのトップへ